スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ブログ読者様から〒頂きました!
 
編集部一のサガン鳥栖サポーター〔宮〕です。

前回、
ジョイフルのドリンクサービス券が余ってたら、くんしゃ~い! 下さ~い。 」
などと、
冗談半分で書いていました(http://tjsaga.blog10.fc2.com/blog-date-20060204.html)ら、

ありがたい事に
前回の記事を読まれた方から匿名
欠番を4枚も送って頂きました!

しかも
励ましのメッセージを添えて!

カード


非常~に感激しております!

ありがとうございました!!

しかし
個人的なコレクションだから、公私混同気味だなぁ(爆)
スポンサーサイト
本本本の山!!!
先日母校へ行った際、尊敬する恩師とさくっと話したのが、今話題の『容疑者Xの献身』について。
私、恥ずかしながらあの作品に1部作・2部作があることを知らずに、まっすぐ『容疑者Xの献身』を読むところでした! 危なかったぁ~(×_×) 
だけど昨日、その前作を買うために書店に行って購入したのは『ダヴィンチ・コード』の上・下(今さらですが、、、)。読もう読もうと思って今、11冊の本が順番待ちしてます。困ったもんです(-△-)
ミュンヘン!
先週の金曜日、仕事帰りにイオンシネマへ行きました。
私が選んだ作品は『ミュンヘン』。
自分が知らない時代の事件・社会…公開された頃からかなり気になっていた作品だったので、〆切終了と同時にぶ~んと行ってきました。
観てない方もたくさんいらっしゃると思うので内容にはふれませんが…見終わった感想…「もっと予習が必要だった~(。>へ<。)」帰ってパンフレットと睨めっこし終わった今、もう一度観たい~というのが本音の北島でした。
私が好きな女優さん
タウン情報さがの出稿も無事終わり、後は本が出来るのを待つだけ。
久しぶりに休みが取れた久保は、ビデオア○リカの100円デーを利用して、大量のDVDを借りてきました。

身心ともに疲れきった久保が選んだ作品は、「ニライカナイからの手紙」「亀は意外と早く泳ぐ」「花とアリス」「リリィ・シュシュのすべて」と、その他いろいろ。
名前を挙げた4作品には実はある共通点があるのですが、わかる方いらっしゃいますか?

実は、何を隠そう、この4作品には私の大好きな女優・蒼井優が出演しているのです。

私は彼女の出演している映画を観るのが大好きです。口では説明しずらいんですが、彼女を見るとすごく「ホッ」として、ニュートラルな精神状態になれるんですよね。あまり好きではない表現ですが「癒される」というと分かりやすいでしょうか。
イオンシネマで上映前に「イオンカード」のCM(蒼井優が出てます)が流れると、その後の映画の出来はどうあれ、その日はなんだかトクした気分になれるんです。

客観的に見て、彼女が他の女優とくらべて特別に美しい女性だ、とまでは思いません。すごく可愛らしいかというと、そうでもないと思います(熱烈なファンの方、ごめんなさい)。

でも、彼女の自然な笑顔を見ると、心の奥がすうっと軽くなるのを感じるんです。この感覚は、好きな女性と一緒にいてドキドキするのとは、また違った快感なんですよね。彼女に対して「ピュアな存在感」なんて表現を使われることもあるんですが、ただピュアなだけの女優さんなら他にももっといると思いますし、そんな女性を見てもこんな感情は抱きません。ピュアで儚い部分と、しっかりと自分を持った芯の強さ。そして少女のような純粋さと、少しだけ狡猾なリアリズム。そんな相反する複雑な要素を、彼女の笑顔から感じるんです。私は彼女を「理想的な女性」というよりは「身近で親しみやすい人間」として感じているのかもしれません。もしかして、どこかで自分自身を投影しているのかも…

これ以上書くととんでもないことを書いてしまいそうなので、この辺でやめておきます。

そうそう、最近仕事で疲れ気味の方には「ニライカナイからの手紙」がオススメですよ。
できれば「ニライカナイ」という言葉の意味を調べずに観てくださいね。
みんな、何を見に来たの?
意外に思われることも多いのですが、こう見えて私・久保はけっこう車好きです。
一応、愛車もV-TECエンジン搭載のミッション車なんですよ(タイプRじゃないけど)

そんな車好きの久保が毎年楽しみにしているイベント「福岡オートサロン」が今年もヤフードームで行われました。もちろん私も行ってきましたよ。

私は19日の日曜日に行ったのですが、この日はあのレイザーラモンHGが来るということもあり、会場は歩くのさえ苦労するほど多くの人でごったがえしていました。最近は軽自動車が全盛ですが、それでも車好きの人間はまだこんなにたくさんいたんですね~。ヤフードームの駐車場なんて、ソレ系の気合の入った車でいっぱい! 知らない人が見たら「何かの集会とかあってるのかな?」って勘違いしそうなほどです。

オートサロン

会場内を歩いていると、時折ブースの前に黒山の人だかりができているのをみかけます。「そんなに人気の車があるのかな?」と思ってみんなの視線の先をたどると、そこには車ならぬ、きわどい恰好をした美しいお姉さんの姿が!

そうなんです! このイベント、車を見るのはもちろんですが、それと同じく(人によってはそれ以上に)、車をPRしてくれるキレイなキャンギャルのお姉さんとのふれあいが楽しめるのです!(本当に触れちゃいけませんよ。念のため)

ひとたびキレイなお姉さんが現れると、どこから嗅ぎつけたのか大量のカメラ小僧達がお姉さんに群がります。「お前、車撮るのにそんなの必要ねーだろ!」とツッコミたくなるような、えげつない望遠レンズを装備したヤツらが、飢えた狼ようなギラついた瞳でお姉さんのシャッターチャンスを狙っているのです。

「俺はこいつらとは違う、純粋に車を楽しみに来てるんだ!」と自分に言いきかせつつも、人垣の隙間からチラッとお姉さんを撮ってしまう悲しい私。だって、職業柄、車でも女性でも、やっぱり美しいものは撮りたくなってしまうんですよ。

そんなこんなで、今年もオートサロンをしっかり堪能した久保でした。また来年も行きたいな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。