スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
シュガー&スパイス
今夜は久しぶりに久保が更新します。
週末フリマのお世話係としてがんばった私は、昨日代休をもらってゴロゴロしていました。

昼間はビデオを観たり本を読んだりして過ごし、夜はレイトショーで映画を観ました。
今回私がどうしても観たかった映画は「シュガー&スパイス 風味絶佳」。

お母さんにきょうだいともども見捨てられたり、タイで象に乗ったりと色々あった柳楽優弥くんと、
あのデビュー曲がなぜかオリコン一位となってしまった沢尻エリカの二人が共演するラブストーリーです。

この映画に関しては色々と言いたいことがあります。ネタバレになる箇所も多いので、まだ観ていない人はこの先は絶対に読まないで下さい。






まず、「演技をしない演技」に定評のある柳楽くんと、役の割りに濃厚で生命力の強い演技をしてしまう沢尻エリカが、あまりしっくりきていないように感じました。どこにでもいるような素朴な青年と、少女マンガの世界から抜け出してきたような、かわいらしくキラキラと輝いた少女。なんか、薄味で仕上げた魚の煮付けと、チーズが乗ったこってりハンバーグを一緒の皿にのせて「メインディッシュです!」とテーブルに置かれたような、なんともいえない違和感を感じてしまいました。彼女の相手としては、やはり山田孝之ぐらい濃い男性じゃないといけませんよね。そしたら「チーズハンバーグとエビフライのミックスグリル」ぐらいの濃厚な一皿として楽しめたかもしれません。

それともう一つ、男性諸氏はあの恋の結末についてどう思いますか? 私は、「なんだ、結局魚の煮付けをつまみ食いしたかっただけか!?」「あんなくだらない手紙一枚ですますんじゃねーよ!」と、ひとりで憤慨してしまいました。グランマの言葉に「男は優しいだけじゃダメ。タフなところもないと」とありましたが、BMWの彼が家に来ていたのを見たとき、彼を追いかけて話を付けていれば、これとは違う結末が用意されていたのでしょうか。ラブストーリーとしてはあまりハッピーとは言えないこの物語の結末、「これが現実」と言われればそれまでですが、この作品を観た男性の大半が苦々しい思いをしたことでしょう。まあ、恋愛には「シュガー&スパイス」がつきもの、ということでしょうか。

なんだかんだ熱く語ってしまいましたが、ふだんは一歩引いて映画を観る私がこれほど語ってしまったのも、この作品にすっかり感情移入してしまった故です。DVDになったら部屋で一人、柳楽くんと一緒に慟哭しようと思います。
スポンサーサイト
カレー☆
こんばんわ、今夜も北島です。
今日は編集長・庄島と武雄の方まで行ってきました。
お昼休みに会社を出発し、車内ではランチの話題でもちきり!
以心伝心で「米とうどん!」を食べることにした私達・・・
だけど行く店行く店「定休日」の看板が・・・
なぜ今日に限って(>□<) なんでね~!!??

そしてようやくたどり着いたうどん店(武雄市内)で
またもや以心伝心で麺+ミニカレー(300円)をいただくことに。
しばらくして、出されたミニカレーがミニサイズじゃないことにビックリ!
そしてひとくち食べて
美味しい~(>▽<)」と感激♪
タマネギの風味がたまらない!
カナリオススメなので、後にカレー特集をする際には
必ず紹介したいお店です☆
お久しぶりです(^^)ノ
久しぶりにカキコしてます。
こんばんわ、北島です。

今日、久しぶりに電車通勤をしたら高校時代の友人にバッタリ遭遇!
北「久しぶり! よく私てわかったね!?」
友「だって相変わらず髪がびしょびしょや~ん!」てです。
髪は自然乾燥が好きなんです(UへU;)
しかも電車に乗るのにスッピンで…失礼しましたm(__)m

さて、時はさかのぼり10日前は我らがTJ編集長・庄島のバースデー☆
ハッピーバースデートゥー庄島編集長~♪

制作部・小宮さんからチオ●タのプレゼント。
〆切真っ最中ですもの…お疲れ様でございました。

チオビタ贈呈式



そしてそしてお菓子のケーキにローソクを立ててお祝いしましたよん♪


ケーキ


私ももうすぐ●●歳。。。
年相応に見られたい(ー.ー) 
お家でパスタを作ろう!
毎日の献立に悩む奥様方の強~い味方、TJさがで好評連載中の「失敗しないレシピ」。

10月号のレシピは、みんな大好き「ミートソーススパゲティ」です!

趣味と実益を兼ねた担当の庄島編集長、そして美味しいものが食べられるならとカメラマン役を買ってでた私・久保の二人は、馬場先生のお宅へとお邪魔しました。

明るく開放感のある素敵なキッチンで、タマネギやキノコを切ったり、ソースを煮込んだり、パスタを茹でたりと、パスタ作りの行程をひとつひとつ取材していきます。
先生に任せっきりなわけではなく、ちゃんと私達もお手伝いしてるんですよ。

これは、スープに使う海老をむく庄島編集長↓

お手伝い1

これは、焦げ付かないようにソースを混ぜているところ↓。

お手伝い2

そうしているうちに、ミートソーススパゲティとスープが完成しました!

完成!

どうです、おいしそうでしょ? キノコたっぷりのミートソース、昔母から作ってもらった懐かしい味わいなんですけど、そこはやはり先生のお料理。ホールトマトを使ったり、コクを出すためにしっかり煮込んだりと、きちんと「家庭の味プラスα」の料理に仕上がっていました。

大盛り

ちなみに、これ↑は見本のパスタ(奥)と、久保がいただいた特製大盛りパスタ(手前)。
遠近法ではなく、本当に見本の2倍はありそうな大盛りパスタ(鍋に残ったパスタを全部皿に盛ったもの)を食べさせていただきました。
ごちそうさまでした!

最近は、取材でパスタを食べてばっかり。でも、パスタ大好きだから、まったく苦になりません。こんな取材だったら、毎月でも大歓迎です。

でも、パスタってかなりカロリー高いんですよね。私のおなかまわりも、イタリアの街角によくいそうな、陽気なふとっちょおじさんみたいになってきました。またジョギング始めないと…
北島です
みなさまこんばんわ☆
今夜も元気いっぱいの北島です。

先日、映画『花田少年史』を観て来ました!
あんなに大笑いと大泣きを同時に体験した映画も
なかなかないです。

『家族愛って素敵ですよね!?』


さて、そんな私は今日FMさんでNo Regret Lifeさんの
インタビューでした♪
みなさんとてもきさくな方で楽しかったです(^▽^)v
 
ノーリグ


今ごろきっと広島へ帰る車の中でしょう。。。

11/8発売の『右手の在処』聴いてくださいねぇ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。