スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ホロ酔いですぅ~
お久し振りの庄島です。いつも、久保・北島ががんばって更新しているブログを楽しく読んでいます。
今回は参加しますね。
本日、佐賀県原産地呼称制度に基づく、官能審査会が開催されました。この制度は、100%佐賀県産の米、麦を使用して造られた純米酒、本格焼酎を、認定するにふさわしいかどうかを審査して、世に送り出すという制度です。
純米酒、特別純米酒、純米吟醸、純米大吟醸、本格焼酎、合わせて68種のお酒を審査しました。
どれも各蔵元の努力の証が見える質のいいお酒ばかりでした。
さすがに、出品数が前回より多かったのと、40度を超える焼酎原酒も口に含んだりしたので、口がしびれたりしましたが、真剣につくられたお酒には、真剣勝負で応えないと!!ね。
佐賀は自然に恵まれた酒造りに大変適した土地柄です。酒どころとして有名な東北や灘にも負けない力があります。まずは、県民の私達から地元のお酒にもっと親しんで、他県の人にも広めていけるようにしたいものですね。
認定酒発表の記者会見には、北ピーーが出席、そして酒気帯びの私を拾って会社に戻るという一石二鳥なシステムで、無事帰ってきました。認定酒の紹介は、本誌では参考にしてくださいね。

飲む編集長

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。