スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ぼ、僕の耳が…!
今日はなぜか耳を押さえながら仕事をしている久保です。
今日のブログは、想像力が旺盛な方、痛いのが苦手な方は読まない方がいいですよ…


昨日の夜、TVを見ながらフフフンと鼻歌まじりに耳かきで耳掃除をしていたときのこと。
突然、耳の奥にものすごい衝撃を感じ、その直後に激しい痛みが私を襲いました。

突然の衝撃と痛みに動揺しながらも周りを見渡すと、視界の隅にお尻をフリフリしながら、楽しそうにこちらの様子をうかがう雪乃(猫・♀)の姿が…

雪乃の楽しそうな様子と、自分が使っていた耳かきを見くらべてみて、ようやくこの痛みの原因がわかりました。その耳かきには白いポンポンがついていて、その小刻みに揺れるポンポンを見た彼女は「あっ、ご主人様が遊んでくれてる!」と勘違いしたのです。そして、その白いポンポンめがけて勢いよく飛びつき… あとはみなさんの想像通りです。

普段経験のないズキズキとした痛みに「こりゃあ、鼓膜が破れたかも…」と不安になった私は、おそるおそる綿棒を耳の奥に差し入れました。痛みの激しい場所に軽くあてた後、するりするりと綿棒を取り出してみると…

予想通り、綿棒の先は赤く染まっていました… うわ~…

その夜はなんとか痛みに耐え、次の日の朝さっそく耳鼻科へと足を運びました。
幸いにも耳に大きな損傷はなかったのですが、外耳道にけっこうな擦り傷ができていて、油断すると雑菌が入って面倒なことになるそうです。

というわけで、しばらくはお酒と洗髪(耳に水が入るから)を禁じられてしまいました。お酒はもともと飲まないので平気ですが、洗髪できないのはキツイですね。自慢のさらさらヘアが、べとべと・ボサボサになってしまう… っと、そんなことはさておき、猫を飼っているみなさん、耳掃除をするときは、近くに猫がいないか注意してくださいね。

ちなみに、こいつが↓犯人の雪乃です。かわいい顔しやがって、こんちくしょう!!

犯人

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。