スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「吉田家」オープン!
 みなさん、今日7月1日は何の日だったか知ってますか? 明石家さんまの誕生日? まあ、それもありますが(私も昨日の夜のバースデー特番見ました)、佐賀県民にとって重要なのは、やっぱりあのはなわプロデュース「吉田家」の記念すべきオープンの方でしょう! 私たち編集部ももちろん吉田家オープンを取材すべく、七山を越えて唐津市浜玉町のお店まで出張しました。今日はプロデューサーのはなわ本人はもちろん、彼の事務所の先輩で、父親が唐津出身だという原口あきまささんも吉田家のオープニングセレモニーにかけつけてくれました。

 平日にも関わらず多くのお客さんが集まってくれた吉田家前の特設ステージに、最初に登場したのは原口あきまささんとRKBの女子アナの方(名前は忘れました)。「名前もですけど、看板までまんまパクるのはいかがなもんでしょうか?」と一通り吉田家についていじった後、原口さんのコールではなわさんがステージに登場。わき上がる歓声の中、はなわさんのスペシャルライブが始まりました。歌うのはもちろん「佐賀県」! 心なしか「オレンジの看板~」のパートにいつも以上に力が入っているように感じました。

 はなわのライブが終わった後は唐津市長の祝辞、そして鏡割りと進行していったのですが、ここでスペシャルゲスト登場とのアナウンスが。「原口さんに関係のあるビッグゲスト」ということで、私の頭に最初に浮かんだのは、冒頭でも少しふれたあの超大物芸能人。「佐賀にまで来るわけがない!」とは思っても、もしかして昨日の収録(バースデー特番は生放送だったらしい)の興奮の余韻そのままに飛行機に乗ってしまったのではないか? とも思ってしまったんです。ドキドキして待っていると、ステージの奥から現れたのは初めて見るおじさん。「誰!?」と思ってステージを注目していると、脇の方で崩れ落ちている原口さんを発見。そうです、スペシャルゲストとは何を隠そう、地元唐津出身の原口さんのお父さんだったのです。「何しに来たの!?」という原口さんの冷たい言葉もどこ吹く風、マイペースなお父さんはそのまま鏡割りに参加し、しかも槌で叩く前にふたをいじって割ってしまうという、おいしいボケまで披露してくれました。

 オープニングセレモニーも無事(?)終わり、店内に移動したはなわさん、原口さん両名と記者の面々。二人は用意された牛丼をおいしそうに食べながら、オープンに至るまでの経緯やこの牛丼に対する思いを語ってくれました。その詳細は7月25日発売のタウン情報さが8月号に掲載するので、ここでは割愛します(つまり、8月号を買って下さい、ということです)。私たち記者の質問にひとつひとつ丁寧に答えてくれたはなわさんと、あの「さんまさん変身用入れ歯」まで取り出してモノマネを披露してくれた原口さん。私たち記者だけでなく、お客さんの呼びかけにもきちんと応える二人の誠実な対応を見て、ますます二人のファンになりました。

 そんなこんなで、楽しく進行した吉田家オープン初日でした。はなわさん本人が「これはおふざけで生まれた企画ではなく、マジに牛丼作ってます。どんな牛丼にも負けないです」と言うとおり、吉田家の牛丼はかなり完成度の高い、他では味わえない牛丼になっていると思います。

佐賀県民なら、一度味わっておくべきでしょう!

11s.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。