スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
映画も原作に負けてませんよ
先日映画館で「博士の愛した数式」を観てきました。

小説の方を先に読んでから観に行ったのですが、原作の静かで優しい空気感が再現されていて、なかなかの良作だと思いました。やっぱり寺尾聰はハマリ役でしたね。

映画版では、「ルート」と呼ばれる数学教師が「博士」と過ごした日々を振り返る、という形でストーリーが進んで行きます。博士が数式の解説をするシーンでは、ルートが実際に黒板を使って分かりやすく解説してくれました。このアイディアは秀逸だと思います。

この映画に関しては、できれば原作を一度読んでから鑑賞することをおすすめします。原作が持つ独特の雰囲気を理解してからの方が、きっとこの作品の魅力をより深く味わえると思いますよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。